東京銀座の皮膚科クリニックはすごくいいです


私は先日すごく効果のある皮膚科クリニックへ通っていました。 私の友人たちはみな何か肌トラブルがあるとすぐにこのクリニックへ行き、治療をしてもらっているようです。 私は肌トラブルというほどのものはありませんが、シミを薄くしたいな・・・と思い、この評判の皮膚科へ行ってみることにしたんです。場所は東京の銀座。お買い物がてら寄ることも出来るこの皮膚科はとても優雅な感じのクリニックです。 銀座 「こんなに豪華な造りってことは料金も高いのかな」私はそう思い、びくびくしながら受付へ。感じのいいスタッフさんが問診票を書くようにおっしゃいました。 問診に書き込むと、後は自分の診察を待つだけです。1時間ほど待ったでしょうか、私の名前がやっと呼ばれました。やっとのことで診察してもらえると思い、診察室へ。 先生は年配の男性で、すごく優しそうな感じの人。私の話を遮ることなく聞いてくれました。先生は話を聞き終わると、シミに効くというレーザーを当ててはどうかとアドバイスしてくれました。効果があるならなんでもやってみたいと思った私は、ぜひやって欲しいと返事。料金は1回5000円で、回数は10回程度は必要とのことでしたが、それくらいなら仕方ないと思い、チャレンジすることに。 10回通った結果、効果は素晴らしいものがありました。あれだけひどかったシミが嘘のように薄くなったんです!長年シミに悩まされて来たのが嘘のよう。ここまで効果があるとは信じていなかった私は、何回も鏡を見る毎日を送っています。 これだけすごい結果が出るような治療なら、普通はもっと料金が高いでしょうし、回数も何十回と通わなくてはいけないと思いますが、こちらの皮膚科クリニックではそんな必要ありません。低料金でわずかな回数でここまで満足のいく結果を出してくれるクリニックです。友達の間で評判の理由がこれではっきりしました。私もぜひ知り合いにこのクリニックを紹介してあげようと思っています。

飯田橋の魅力


私は新宿の中では、飯田橋が好きな街です。総武線は止まるのですが、中央線は止まらず、でもメトロが止まるので、とても便利です。

私は大学が東京理科大学だったので、飯田橋はよく知っているつもりです。実は、神楽坂には好きな店がたくさんあるのですが、理科大の学食がその中でもおいしい店の一つに入るような気がします。それは大学の思い出も含めてかもしれませんが。

千代田区

一度だけ、サークルのOBに神楽坂の高い寿司屋に連れて行ってもらったのですが、食べ方もよく分からず緊張してしまい、店の大将に素直におまかせでお願いします、と言って、食べ方や頼む順番などを全部説明してもらったのもいい思い出です。

神楽坂はそのようにとても高い店から、新しい店やインド料理、フランス料理、ちょっとおしゃれなバーなどもあり、たまに自分一人ではいかないような店に行くのはとても楽しいです。

私は学生時代にカンボジアにボランティアに行っていたのですが、神楽坂には、東京でも珍しいカンボジア料理屋があり、たまに落ち込んだときがあると、店に行って、シェフに話を聞いてもらったり、現実逃避のカンボジアトークをしたりしています。

また、恋愛のパワースポットである、東京大神宮は、多くの女性が訪れるスポットでもあります。私も学生時代はよく通っていて、いつもおみくじを引いては一喜一憂をしていました。初めてお参りに行ったすぐ後に、彼ができたので、私はその効果をとても信じています。たまに、男性の姿も見たり、親子連れで来ている人もいて、見ているととても新鮮です。パワースポットというだけではなく、ただ単に神社に行って、一通りしきたりどおりにするだけでも、身が引き締まる感じがして、心が洗われる気がします。

それから、春には、川の近くで桜を見ることもでき、特にカフェでコーヒーを飲みながら見る桜はきれいです。とは言っても、かなり店はこんでいるので、並んだりしないといけないのが少し難ありなのですが。

ニキビは若いころだけじゃなく「大人ニキビ」にも注意!


ニキビができるのって、学生のころだけだと思っていました。
でも、大人になっても「大人ニキビ」とかいって、未だになんども同じところにニキビが出来てしまいます。働く女性になった今でも、やはりストレスが原因なのか寝不足だったり。油物を食べ過ぎたりするときなんかに、よくアゴにニキビができます。

ニキビってできるとどうしても潰したくなりませんか?

たしかに、ニキビを潰すと跡になるって、よく言われますがどうしてもニキビがあると気持ちが悪くて…。
最近では仕事が忙しくって、家に帰る時間も遅く終電間際ばかり。それに悪いときは終電を逃して、深夜新宿歌舞伎町のマンガ喫茶に泊まり込むなんて日も…。
それが原因なのか、最近ではアゴだけでなく顔中にニキビが出来る有様です。
ひどいときなんて、鼻の天辺に大きなニキビができることが。しかも、潰しても潰しても同じところにニキビができるので、本当にうんざりしていました。

そんな時に、たまたま雑誌でみた通販の塗り薬を試してみることに。

雑誌での評判はよかったし、念のためネットのレビューなどを見て慎重に通販のニキビケア専用の塗り薬を使うかどうかを決めました。

実際に注文したニキビケア用の塗り薬を顔につけると特に嫌なにおいもなく、 「信じるものは救われる!」という言葉を自分に言い聞かせてニキビケア用の塗り薬を顔に塗ることにしました。
1週間ぐらいするとお肌に変化が。徹夜明けで普段ならニキビが出来ているはずなのに全くニキビができていなかったのです。
これには私も驚きました。

やはり、きちんとしたニキビケア用の塗り薬を使うと効果があるんだと実感。
それからは毎日つづけてお薬を塗るようにしましたが、何度も同じところに出来ていたニキビがまったくでなくなったことには驚かされました!
もしも、私のように何度も繰り返しできる「大人ニキビ」にお悩みの方は一度自分の肌質にあったニキビケア用のお薬を探してみてはいかがでしょうか?
そのまま、放置をしているよりもずっと効果があると思います。

nikibihada

まずはニキビケアから


思春期のニキビとはまったく異なる対処法が必要なのが大人ニキビです。
大人ニキビはストレスや飲酒、喫煙など、思春期のホルモンバランスが崩れて起こるものではなくズバリ生活習慣や生活環境が引き起こしているのが最大の原因です。

毎日睡眠不足でストレスのかかる仕事の連続、とくに30代を過ぎて中間管理職ともなれば週末は暴飲暴食をしてしまい、ますます生活習慣の悪さに拍車をかけることになります。オフィスの環境にも問題があると思います。夏なのに寒すぎたり、冬なのに暖かすぎたりすることで自律神経が乱れて、ホルモンバランスも悪くなります。
私も以前、渋谷の宇田川町にあるスーパーで働いているとき、冷房の効きすぎで酷い思いをしました。

大人ニキビがある女性はだいたい生理も不順であることが多いです。婚活のつぎは妊活といいますが、その妊活がうまくいかないこともよくあります。生活習慣が良質ではないため、ニキビがでやすい体質ですから妊娠もしにくいという因果関係が導きだされます。

仮に妊娠できたとすると、飲酒喫煙はもちろんカフェインすら制限される生活を送ることになります。まさに生活習慣を改めるには絶好の機会なのです。妊娠期間中には自分ひとりの身ではなく赤ちゃんの命も関わりますから不摂生な生活をしにくくなるというメリットがあります。そしてつわりなどで食べ物を受けつけなくなる方もいますから、いままで食べ過ぎていた分を清算するかのようです。
さらに妊娠中は非常に眠たくなることが多いです。母体を休ませるように妊娠中に分泌されるホルモンがそうさせるのですが、これもいままでの睡眠不足を解消するかのような現象です。ですから妊娠しながら働くというのはかなり大変なことなのです。

このような妊娠生活を送ることを余儀なくされると、自然と大人ニキビが影を潜めるようになります。しかもニキビ以上に妊娠線対策や新生児用のベビーグッズなど調べることがたくさんありますから、ニキビに対する関心も弱くなります。そして「いつの間に」治っていることが多いのです。どの疾患にも言えることですが、いつの間にか、ですとか気がついたら治っているというのはとても素晴らしい兆候です。自然に身につけた良質な生活習慣からニキビが発生することはめったにないからです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ニキビ解決特集


高校生の頃、顔中にニキビがありました。ドラッグストアに売っているニキビに良いとされるものや通販などでニキビケアをうたっている商品は幾度となく試しましたが改善する事はありませんでした。

私はガングロとかヤマンバ世代で、当時は肌が黒ければ黒い方が良いといった風潮が私の周りの同級生の中であり、いっそニキビが改善しないのであれば日サロに行って、焼いて、顔を黒くしてしまえば、ニキビがあっても目立たなくなるのでは…?と思い、日サロに通うようになりました。始めのうちは週一ペースで通っていたのですが、鏡を見るたびに『まだまだニキビが目立つ』と思い、週二日通い、学校が休みの日などはオイルを塗って炎天下で肌をやくといった事をしていました。

当然、肌に良い事など何もしていない、むしろ悪い事ばかりで肌はどんどんボロボロ、ニキビも一向によくなりませんでした。
高校卒業と同時に就職した為、これを期に二年通った日サロからも卒業をしました。新宿の都庁前辺りでガングロになった私がサラリーマンの街から明らかに浮いていた事を今でも鮮明に覚えています(苦笑)

これまで肌の色で隠してきたニキビとこのボロボロの肌を真剣にどうにかしなきゃと考えたどり着いたのが、洗顔をきちんと丁寧に行う事、デトックス効果があると言われているお茶を飲む事でした。とは言っても、仕事の日はお化粧もしなければならい為、ニキビで化膿している部分にコンシーラーやファンデーションで隠したりと症状が劇的に治るという事はありませんでした。
でも、ニキビを潰したり、引っ掻いたりって事は絶対にしないで地道に洗顔とお茶を飲んでいたら、少しづつですがニキビが減ってきて、いつしかニキビが出来なくなりました。やはり、沢山の泡で丁寧に洗う事、体の中からデトックスする事は効果があるんだと実感しました。

しかし、ニキビがなくなっても長年蓄積されてたニキビ痕はいまだ健在です。ニキビに悩んでた時期から15年経ち、アラフォーとなりましたが今も丁寧な洗顔とお茶を飲み、シミに良いといわれる化粧水や美容液などでケアをしています。
ニキビは鏡見ると気になって、潰したり、隠したメイク等をしてしまいがちですが、余計悪化をさせてしまうので、メイクよりもスキンケアをしっかりと行った方がニキビを治す近道だと思います。

OL

真皮深層熱傷の状態


以前練馬区石神井の住宅地に火事が起こった時に、友達が火傷を負ってしまいました、、。
幸い軽い症状だったので、跡もほとんど残ってはいないんですが、出火の原因になったところに住んでいた人は大やけどを負って、まだ入院しているそうです。
私の友達はⅠ度熱傷という皮膚表面の火傷程度になるのですが、入院している人はⅡ度熱傷、、、。
Ⅱ度熱傷には2種類あって、真皮深層熱傷と真皮表層熱傷があります。
そのうちの真皮深層熱傷の方。
文字で見てもわかると思いますが、真皮深層熱傷の方が深い層にまで達してしまっているので中々に酷いんです。
これがほぼ全身近くに及んでいるので見るに耐えないそう、、、。
なぜこうなってしまったのかは直接本人に聞かなければわかりませんが、会うのはなかなかに大変そうですね。
皆さんも火には十分に気を付けて生活してくださいね。
私も火には気をつけ、、、といいつつ台所のお鍋が大変なことになることも多々あります。
こういうところが危ないんですよね!
はい、気を付けます。

練馬区内